賃貸物件の広告情報

賃貸物件は現地をチェック


トップ » 賃貸物件は現地をチェック
不透明こはく - 1/17の誕生石
誕生石ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸物件の見学で日当たりを確認

賃貸物件の広告を見ると、その部屋がどちら向きに建てられているのかがわかります。一般に南向きにベランダや窓のある間取りの部屋は日当たりがよく、明るいとされています。しかし、広告の情報だけで物件を決めてしまうのではなく、現地を見学した時に必ず日当たりや明るさを自分の目でチェックしなくてはなりません。賃貸物件の広告にあるように南向きに建てられていても、その方角に高い建物があれば日当たりや明るさはさえぎられてしまうからです。現地に行ったら、ベランダやバルコニーには必ず出てみて、窓やサッシも一通り開けてます。

賃貸物件の法改正について

法改正により原状回復義務について明確になった。使用収益によって生じた損耗や経年変化を除き賃借物の損傷を原状回に服する義務を賃貸人は負うとあります。いわゆる使用収益によって生じたっていうのはタバコの煙がわかりやすい例だと思います。賃貸人が修繕するのが当然のように思われますが、実際特例があってそれを賃借人が修繕するという判例があった事から今回ハッキリさせて義務を明確化したもので判例から生じた改正案です。